• 新着情報
  • コラム
  • 2020.04.10

コーヒータイム(土木遺産を訪ねて)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

土木遺産を訪ねて【東海道ウォーキング】

明治のトンネル

江戸より20番目の宿“丸子宿”から21番宿“岡部宿”へ向かう東海道宇津ノ谷峠に明治のトンネルがある。丸子側坑口から中へ入ると涼しい、そして何となくレトロな照明、トンネルを抜けると陽光が。築造された当時は測量技術が発達していなかったため、内部が「く」の字だったそうです。明治9年総工費なんと、24,800円!?

蓬莱橋

高欄が低く、強風時の渡河はスリルがある。

22番宿“藤枝宿”から23番宿“島田宿”へ、目指すは大井川。JR島田駅の手前で南東へ十五分程度。大井川に架かる木造の橋、全長八九六.五メートル(地元の人は897.4m“厄無し”と言っている?)通行幅二.七メートル、明治十二年完成。