道路・道路施設

物流の大動脈となる高速道路から人々の移動の要とする道路まで全ての道路整備全般について助言、提案いたします。

道路・道路施設へのコンサルティングについて

道路・道路施設は、人々に最も身近な社会インフラです。人々の移動から物流まで安全で確実に目的地に到着する事、また安全で快適な生活空間の提供、時として防災空間としての使命もあります。私たち建設コンサルタントの仕事は、それぞれ目的に合った道路・道路施設を計画・設計することです。

主に携わった業務他参考例について

館山道舗装設計

高速自動車国道(暫定2車線道路)
千葉県木更津市上鳥田から千葉県富津市竹岡において、館山道の建設にあたり暫定二車線区間を含む舗装設計業務

国道4号BP整備事業

物流を支えるため増加する大型貨物、災害時の交通ネットワーク整備のため、主要国道のBP(バイパス)整備を進めている。

伊勢湾岸自動車道

東海JCT伊勢湾岸自動車道と名古屋高速3号線の立体交差部(暫定計画3枝構造)

新東名高速道路 駿河湾沼津  スマートインターチェンジ道路詳細設計

駿河湾沼津サービスエリア内に建設するスマートインターチェンジ詳細設計。誤進入車輛退出路を含む(前進型退出路“ダブルゲート方式”)設計

詳しい実績紹介はこちら