基盤整備

電線共同溝事業等道路空間整備と共に自転車道、歩道等沿道整備について助言、提案をいたします。

基盤整備等の在り方について

基盤整備等は、情報通信・電気通信事業の分野における国民生活に不可欠なサービスの多様化を多角的に検討していくことが必要とされている。土木分野においても、電力・通信サービス提供を巡る環境変化に対応していくことが求められている。

主に携わった業務他参考例について

(参考例)電線共同溝歩道整備事業

幹線道路は歩道整備と共に無電柱化により防災や快適な道路空間の創出に取り組んでいる。電線類は集約し地中化する。

(参考例)東京都環状6号線

山手通り:歩道自転車道分離

(参考例)神奈川県川崎市 JR川崎駅前歩道整備

歩道自転車道分離

(参考例)東京都 JR王子駅前歩道

遊歩道夜間ライトアップ

詳しい実績紹介はこちら